発掘調査速報

大間町焼畑(2)遺跡

2020年12月4日 調査成果報告

  

 焼畑(2)遺跡からは縄文時代後期前葉の土器・石器が出土し、同時代と思われる焼土遺構が確認され、奥戸川近くの津軽海峡を臨む高台には、約4,000年前の人々の営みがあったことが明らかになりました。出土土器の中には、文様が北海道の土器に似通ったものも見られ、北海道と何らかの関係あった可能性が想像されます。

  

 詳細を掲載したPDFファイル[軽量版]をダウンロードできます。ぜひご活用ください。【A4判1ページ 容量:約1.1MB】

大間町焼畑(2)遺跡12月4日

調査状況(南から)

大間町焼畑(2)遺跡10月7日1枚目

2020年10月7日

焼畑(2)遺跡の発掘調査は9月30日に終了しました。
遺構は遺物集中地点が1カ所あり、調査していくと焼土遺構が1基確認されました。遺物は縄文時代後期前葉の土器・石器が段ボール箱で6箱出土しました。
奥戸川近くの津軽海峡を臨む高台には、約4,000年前の人の営みがあったことが明らかになりました。

大間町焼畑(2)遺跡10月7日2枚目遺跡遠景
大間町焼畑(2)遺跡9月4日1枚目

2020年9月4日

表土を取り除いたところ、縄文時代の土器・石器が出土しました。出土地点に白い串をたてています。一部には集中する箇所も認められます。土器は、縄文時代後期前葉のものが主体と考えられます。

大間町焼畑(2)遺跡9月4日2枚目

石器は剥片がほとんどですが、有孔石製品も出土しています。

大間町焼畑(2)遺跡8月18日

2020年8月18日

8月4日に焼畑(2)遺跡の調査が始まりました。遺跡は奥戸(おこっぺ)川左岸の標高30m程の段丘に位置し、遺跡に至る道路からは津軽海峡を臨むことができます。表土を除去し、掘り下げを開始しました。縄文時代後期前葉と思われる土器片が出土しています。

発掘調査へ »

ページのトップへ戻る