研究紀要

 
研究紀要第22号(2017年)

 縄文時代早期後葉から前期前葉の石器の分析 (津軽地域の資料を中心として)  p1~20
 髙橋 哲(青森県埋蔵文化財調査センター)
 亀ヶ岡遺跡出土ガラス玉の考古化学的分析とその意義  p21~33
 村串 まどか(東京理科大学)、中澤 寛将(青森県埋蔵文化財調査センター)、中井 泉(東京理科大学)
 鰺ヶ沢町新沢(2)遺跡の縄文時代について  p34~47
 茅野 嘉雄(青森県埋蔵文化財調査センター)
 亀形土偶(下)  p48~55
 成田 滋彦(青森県埋蔵文化財調査センター)
 青森県内の黒曜石研究について  p56~64
 齋藤 岳(青森県埋蔵文化財調査センター)
  • PDF形式でダウンロード(5.8MB)
  • ページのトップへ戻る