研究紀要

 
研究紀要第18号(2013年)

 二股(2)遺跡出土試料の14C年代と安定同位体測定による分析  p1~24
 小林 謙一(中央大学文学部)、茅野 嘉雄(青森県教育庁文化財保護課)
 古代北奥の漆利用-青森県の漆付着土師器-  p25~38
 岡本 洋、浅田 智晴、加藤 隆則(青森県埋蔵文化財調査センター)、藤根 久(株式会社パレオ・ラボ)
 北奥羽地方における一国一城令破却後の城跡利用の一断面 -史跡七戸城跡北館曲輪の発掘調査事例から-  p39~48
 小山 彦逸(七戸町教育委員会)
 縄文時代における砂質土を利用したベンガラの可能性について  p33~44
 児玉 大成(青森市教育委員会)、河崎 衣美(筑波大学大学院)
  • PDF形式でダウンロード(3.6MB)
  • ページのトップへ戻る