研究紀要

 
研究紀要第17号(2012年)

 11:2,005-なぜ富ノ沢(2)遺跡から土偶が大量に出土しなかったのか-  p1~18
 成田 滋彦(青森県埋蔵文化財調査センター)
 本州北東端の磨製石斧-三陸の石材環境への適応と石斧製作の解明にむけて-  p19~30
 齋藤 岳(青森県埋蔵文化財調査センター)
 青森県内における奈良・平安時代の鉢(浅鉢)形土器について  p31~40
 新山 隆男(青森県埋蔵文化財調査センター)
 縄文時代における砂質土を利用したベンガラの可能性について  p33~44
 児玉 大成(青森市教育委員会)、河崎 衣美(筑波大学大学院)
  • PDF形式でダウンロード(4MB)
  • ページのトップへ戻る