研究紀要

 
研究紀要第14号(2009年)

 縄文時代における環状列石の石材運搬について  p1~14
 児玉 大成(青森市教育委員会)
 三戸町下玉ノ木平地区採集の「弓矢文土器」(資料紹介)  p15~18
 山口 航生(三戸町総務課)、野田 尚志(三戸町教育委員会)
 明戸遺跡における昭和41年の試掘調査報告  p19~26
 大久保 学(十和田市教育委員会)、澤田 恭平(青森県埋蔵文化財調査センター)
 周辺を打ち欠いた土偶  p27~30
 成田 滋彦(青森県埋蔵文化財調査センター)
 原遺跡の概観―津軽南部の終末期古墳群―  p31~36
 滝本 学(平川市教育委員会)
 掘立柱建物跡からみた十三湊の社会構造と安藤氏像  p37~48
 中村 隼人(青森県埋蔵文化財調査センター) 
 青森市近野遺跡・野辺地町槻ノ木(1)遺跡の未報告土偶・土製品―副題 土偶は分配されたか―  p49~58
 成田 滋彦(青森県埋蔵文化財調査センター) 
  • PDF形式でダウンロード(8.5MB)
  • ページのトップへ戻る